書評 サピエンス全史 上下巻を読んで

 

 久しぶりです。ここ半年は、大学院の試験のために卒論や研究計画書、TOEICの試験(英語の成績として提出義務がある)などに追われ、ブログの更新ができていませんでした。結構激動の半年を過ごし、9月からは落ち着いてきて、カンボジアに行ってみたり、離島で遊んでみたら色々エンジョイしてます。

 

 そんな中でただ何も生産しない生活は心苦しいので、本を読んだりは続けているのですが、最近読んだ本の中で非常に面白い本があり、それが『サピエンス全史 上下巻』です。簡単に内容を述べると、他のホモ科や人類の中で、なぜ私たちホモ・サピエンスだけが生き残ったのかという疑問に歴史的な編纂から整理していくという内容です。そして、その結論として人は虚構(フィクション)を信じる力があったから、共通の虚構をもとに協力することができたので他の人類に比べて大きなまとまりで行動できたことが理由としてあげられています。

 何千万年という単位で生き延びたネアンデルタール人を例に挙げて説明すると、私たちホモサピエンスは、1000円札を見たときにそこに1000円分の何かを買える紙幣だと認識することができます。しかし、虚構を信じることができない、もしくはその能力が弱いネアンデルタール人は、それはただの紙じゃんと言っちゃうって感じです。なので、物々交換しか認めず、貨幣の機能である価値を普遍的に保存することで、今日生産したお米が来年の砂糖になるというようなことはできません。今日のお米は今日の砂糖にしかならないのです。

 他には、宗教という虚構を信じられるのもホモサピエンス特有の能力であると述べています(個人的には何かを信仰することは素敵なことでもあると思ってます)。単一の神のもとに、人が価値観を同じにし、その共通の価値観のもとに生活や共同体が築かれていく。そのような目には見えない、想像の世界であるものを信じられるのは私たち特有のことなのです。

 他にも帝国が反映した理由など様々な虚構と私たちの歴史や価値観のつながりが述べられており非常に示唆に富む内容でした。是非皆様にも一読していただきたいです。

 

 以上がサピエンス全史の内容なのですが、今回あえて考えていきたいのは、この虚構を信じるのが私たち特有の能力であるという点です。この地点について考えを巡らせることで、人々の協力方法について新しい知見に到達できるのではないかと考えています。虚構とは、つまりないものを信じることで、それには期待や心配なども含まれると思うのです。そして、未来への認識と、これまでの過去の経験をもとに、構成されるのが今この瞬間に自分が信じている虚構ではないかと考えます。誰かに何かの虚構を信じてもらいたちときは、その人の過去に対する経験を聞き出し、その過去にどのような解釈を与えているのかを整理します。そして、その人の持っているメンタルモデル(ある一定の見方)を特定します。例えば、面白い人は出世しやすいなど。このようなメンタルモデルを特定できたら、それが新しい虚構を信じる上で、益するのかそれとも害するのかを分析します。面白い人が出世しやすいという虚構を持っている人にとって、出世した人の多くは、学生時代いじられキャラとして鍛えられていたという虚構は信じやすいかもしれません。逆に、役職持ちの多くは冗談が通じないという虚構は、否定したくなるかもしれません。だから、新しい虚構を人に信じてもらうには、その人の現在の虚構を理解する必要があります。その質問は、コーチングなどの知見や、ある特定の物事に対するその人特有の解釈を聞き出していけば見つかると思います。できるだけ正解が見えないものでその人の考えを引き出していくといいかもしれません。

 次に、信じてもらいたい虚構と今相手が持っている虚構が大きくかけ離れている場合は、どうしたらいいのでしょうか。僕の見解としては、現在持っている虚構を手放してもらうことを始めにする必要があると思います。その虚構の正当性をなくすために、小さな質問を重ね、それ以外の視点はないのか、自分の解釈と事実に飛躍はないかなどを気づいてもらいます。先述の例で言えば、面白い人は出世し易いという虚構の例外はないのか。官僚はみんな面白いのか。そう言える理由は何があるのか。出世に影響するのは面白さが一番なのか。男女で差はあるのか。職種で差はないのか。など小さな質問を重ねていき、その考えが自分の解釈であることを洗い出します。それによって、持っている虚構を一旦ゼロベースにします。そのあとに、別の見方ができる可能性を提示します。例えば、面白い人は、戦略家が多い。戦略的に行動できるので出世し易い。だから、面白い人=出世できる人ではなく、戦略的に動ける人=出世できる人である。だから、戦略的に考えれる術を学ぶ方が出世の一番の近道である。というようなものです。

 このような考え方は、一種の洗脳だと思っています。ただその人が自分の持っている考えに納得できている限り、それは洗脳ではなく選択だと思うので自分の中ではありなのかなと思います。アドバイザーやカウンセラー、教育者など人のメンタルモデルに影響を与えれる人たちは、自分の発言によってその人の価値観が変わってしまい、ある種の洗脳行為をしたかもしれないと悩むかもしません。自分も、理想の社会があり、その実現のために自分のキャリアを重ねていくつもりです。しかし、この本を読んで思ったのは、それも自分の虚構を他の人々に共有しようとしていることであり、これまで人類がたどってきた歴史と何ら変わらないのだとしたら、自分のやろうとしていることは果たして善なのか。そんなことを最近は考えます。まぁ、影響と結果に常に責任感を持って関わり続けることかとは思います。

 

 まぁ、そんな感じです。サピエンス全史は非常に面白いのでぜひ読んでみてください。

 

まこる

貧困の終焉

みなさん

この本をご存知だろうか??

        f:id:mmarumaru:20170327135210j:plain

ジェフリーサックスという世界的な開発経済学者が書いた2025年までに世界の絶対貧困を撲滅するという本だ。

*絶対貧困とは1日1ドル以下の収入で暮らしている人たち。現在は9億人ほどいる。1日2ドル以下にすると世界の総人口の半数ほどが含まれる。

そのような状況をいかにして解決するかというのを自身の経験を元に論じている本である。ジェフリーサックスは、28歳にしてハーバードで終身教授の座を獲得した超エリートであるが、その考え方はすごく実践的で、NOはいずれYESに変わるなど物事を動かすエネルギーに溢れている。

 

この人物は、国連ミレニアム計画という2015年間でに絶対的に貧困を半減するというプロジェクトの特別顧問として、国連やその諸機関にアドバイスをする立場として活躍している。国連事務総長を除いての実質のナンバー2である。実際のこのミレニアム計画がどのような結末になったかというと、概ね大成功だと私は考える。世界の絶対貧困は26%から13%になり、飢えと欠乏で苦しんでいる人の数も半数になった。この背景には、多くの貧困を抱えていた、中国とインドの急成長も関わっているだろうが、そのためにも国連として全世界を巻き込んだビジョンを掲げたことが、大きな要因だったと私は考えています。

詳しい説明はこちら

ミレニアム開発目標報告2015 | 国連WFP

そして現在は、その計画は、『持続可能な開発目標』に引き継がれた。これは2030年までに人間と地球の持続的な繁栄のために、17の目標を達成するというものです。

ミレニアム計画が8つの目標から成り立っていたのに比べて、その数は2倍に成っています。2000年からスタートして2015年にいったんの区切りとして終わったミレニアム計画の成功を踏襲する形で、組織や方法、協力関係を維持するとすれば、ミレニアム計画よりは進みやすいのかなと思いつつ、現状の社会の個人主義への流れとテクノロジーのスピードをうまく反映できるかが鍵かなと思ってます。

詳しくはこちら

www.unic.or.jp

 

そんなこんなで、世界全体としては、貧困の解決とより良い国際関係性づくりに動いている。課題は多く、あきらめの声もその分多いだろうが、希望を持って一つ一つ向き合っていけば、いずれは、僕の生きている時代に終わるかはわからないが解決されていくのかなと思っている。

 

では、本題である。

そのようなことを書かれている『貧困の終焉』という本を読んだ。最近、教授に自分の考えていることを相手にも映像が伝わるように話せと言われたので、一旦のアウトプットをこちらに書こうと思う。

 

僕は何をこの本から学んだのか??

1臨床経済学という知見

2国家の経済を立て直すために具体的な手法

3先進国と途上国の関係性

4ミレニアム開発計画

5グローバル協定の必要性

僕にできることは何か

続きを読む

夜の化け物。久しぶりの近況報告。

久しぶりに、ブログを更新する。

最近は夜更かし気味だ。夜が長くなってきた。

 

『よるのばけもの』っていう小説を読んだことがあるが、正直僕的には微妙な印象を受けた。まぁ、夜中にそんな本を読んだなーと思い出すくらいの影響は自分には会ったってことか。

続きを読む

勉強会『才能開発』

現在勉強会を開いており、その中で、ジョハリの窓を活用した他者分析をした。その中で、出てきた僕の強みや資質はこのようなものだった。自分が気付いているものが大半であったが、たまに自分は知らないが相手が気付いていることがあって、それに気づけたことはすごい楽しかった。そんなこんなで、これらの資質からなりたい自分像を作成し、それに目標を立て、また行動指針として書いていった。3瞬間で、なりたい自分像に近づけていく。それによって、自分の才能を開発していくのがこの勉強会の目的だ。

プレゼンのやり方

最近、大学に東京で有名なファシリテーターの方が来て、プレゼンのやり方を教えてくれた。

 

僕は、自分の関わっている団体のことをプレゼンして、そのプレゼンを作るのにあまり時間を使えなかったので、自分の言いたいことが言えない中途半端なプレゼンになってしまった。その時のことを思い出して、効果的なプレゼンのやり方をまとめていこうと思う。

 

まず、プレゼンの目的として、対象者の意識変容がある。

ある目的に向かって、聞いてくれる人の意識を変えやすいのがプレゼンのいいところだ。

また、その目的は、自分一人で作るのではなく、会場をまとめながら一緒に作っていく。

スピーチとプレゼンは違う。プレゼンは、共感を目的としており、聞き手の態度や行動や心理を変容させることができる。積極的にコミュニケーションを行う点もプレゼンで大事なことだ。

 

それに比べて、スピーチは、伝えることがメインで元々は、Speakの目的語なので主語は自分である。自分がどう思うかを伝えるのがプレゼンであり、僕はスピーチは得意である。

自分の意図する方向に相手を誘導していくのが得意で、でもそれは相手に受容性やニーズがあらかじめあるからこそ効果を発揮する部分が多い。

 

その場のニーズを把握し、その瞬間瞬間で、しゃべる内容を帰るのはまだ難しい。

プレゼントは自分自身のプレゼンスが問われるものである。自分自身の今の状態がプレゼンの質にすごい影響を与える。そこで大事になってくるのが、その場で起きたことを受け入れ自分のプレゼンに活かすことである。その時に何が起きるかは正直わからない。ただその時々で、自分の行動を適応させていけばいいのである。

僕は、正直プレゼンに対して苦手意識と自分はできるだろうという意識どちらもある。

前回の五人の中では1位を取りたかった。僕のプレゼンの持ち味は考えてきた時間や密度が伝わるプレゼンである。それをできなかったのが自分に対して1番悔しい。

自分のできる範囲をやらなかったのがこんなに悔しいとは思わなかった。

勉強会バージョン2

久しぶりである。

 

全然更新していなかったのだが、リアルでの生活が忙しくて、ブログを書くより本を読んだり人とある時間が増えた。

 

だからだろうか。自分のことを振り返る時間というのが前より少なくなっている。

こういう時期は、それはそれで好きに色々やってみたほうが点と点が後々つながると思うので、しばらく更新が遅くなりますがご了承ください。

 

前に見に来てくれていた人たちは元気でしょうか。1日1個更新していたのは半月前である。

久しぶりに自分の立てた目標を見返してみようと思う。実際、ここ最近色々あったので、そのことのほうがインパクトが大きいかもしれない。

 

この半月で起こったことは、端的に言えば、自分の古い恋愛観から離れ、もっと大きな愛を選択するというものだった。自分の欲求より、私たちとして何が幸せかを考えるのをした半月間であった。実際、今も挑戦中なのでそれが身を結ぶのはまだまだ先な気はするが、相手に苦しさを与える恋愛観から相互に支えあう、引き上げある愛に移行したいう感じだ。それに伴い、自分のことをされけ出せるようになってきた気がする。

最近の自分は心が軽い。たまに不足感を感じたりするが、それはまた古い自分のパラダイムが蘇ってきているのだろう。3週間続ければ習慣化するので、今の自分の気持ちで3週間続けてみたい。

 

今週からスタートしたのだが、勉強会を始めた。テーマを『才能開発』と改め、自分らしくいるために、各々の資質を伸ばしていくというものを開催している。現在は僕を含め4人からスタートしている。最初は、2人からスタートした。勉強だったが、現在は二人増え、4人になった。今は僕を含めて四人が自分らしく楽しく生きていけるようにしていきたい。

 

四人からスタートして人の才能や資質を開発できる人が増えていったら面白いだろう。

 

国際協力学を勉強するにつれて、自分の生き方とマッチするものが多いことに気づいた。国際開発学の目的は『人間開発』であり、人間開発とは人がエンパワーされた状態にすることである。エンパワーとはその人の強みが発揮された状態であり、そのような状態でこそ、発展途上国で起こる様々な課題や困難に立ち向かうことができるというものである。

僕が、今している活動は絶対にそこにつながると確信している。

 

今日は、ストレングスファインダーとジョハリの窓を使って、その人の資質を深ぼって言った。人それぞれ強みが違って面白かった。今の僕にできることはなんだろう。

その才能の生かし方を考え、こういうのはどうですかと提案してあげることだろうか?それとも、その才能の発揮の仕方も自分で考えてもらうことだろうか?

コーチングでは、ヘルプよりサポートを解いう考え方が大事である。この活動にとって、サポートとはなんだろうか?人の話を聞くことだろうか?武器を一緒に認識し、生かし方を一緒に考えることなのだろう。

 

一緒に何かをする。そのあとは独り立ちさせるために、他の人にその才能を活用してもらう。これが僕にとって面白いことなのかもしれないし、求められていることなのだろう。

 

神様とお話しできる友達に、僕の役割は『用いられる人』と出ていた。僕は、多くの人に活用されるらしい。これはいろいろな側面があるのかもしれないが、僕は今のところ気に入っている。大学の教授には、『型にはまらない幅広い選択肢を持ち、人を前向きにする暖かい力』があると言ってもらった。僕はいろんな言葉を大切にしている。それをいつか人に返してあげるのが僕の役割なのだろう。

 

それも踏まえて、今回の勉強会で僕がやれる役割は、その人の才能発揮のたまにできることを全部やるということなのだろう。

 

『僕の今回伸ばしたい資質はなんだろうか?』

今日、ジョハリの窓で分析してもらった、僕の資質や性格を見直してみた。

人を大切にし、その人の良さを引き出そうとしているのが伝わってくるという言葉があった。

僕がやりたいことの、その人らしさが発揮できる環境を作りたいと思っている。それは、その人の内側の環境や、外側の人間関係において二つの側面から達成したい。

 

そして、自分の創造性を発揮して独創的なアイデアを考えたい。

自分らしさを発揮できる環境を作れる自分でありたい。

それをさらに細分化すると、何になるのだろう?

自分の人に対する学習をさらに発展させ、その人らしさを達成できる情報を集めていき、それをシステムに落とし込み(ワークショップなど)に落とし込み実践していく。

それにつながる自分のボキャブラリーを増やしていく。人を前向きにする言葉をたくさん学ぶ。その人らしさをその人と一緒に追求できるコーチングの問いを学ぶ。学問的知識と、人が陥りやすいマインドの落とし穴を勉強する。ストレングスファインダーにおける各個人の資質を勉強する。などであろう。

 

最近は、インプットが増えたが、それを自分のものにするアウトプットとしての記事更新が減っているので、それを今日やっていきたい。

 

とりあえず、勉強会に関していては今はこのような感じである。

 

まこる

徒然なるままに、1日を振り返る

1日を振り返る。久しぶりである。

続きを読む