読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 〜1日を振り返る〜

 

いつものように1日を振り返ろうと思う。

 

今日はどんな1日だっただろうか?

オーストラリアに留学に行っていた友達が帰ってきた日だった。

その友達と就職や今後どのように過ごしていくのかを話した。

今は僕はわりかし色々なことが落ち着いて、忙しくそれでいて自分のことをしっかり考える時間もあり有意義に過ごさせてもらっている。

これも、11月に蒔いた種が芽吹いてきているというのも理由の一つだ。

 

11月蒔いて芽生えてきたものの中に、コーチングの勉強会がある。実際自分のことをしっかりコーチング出来るように始めてそれで、友達のコーチングもしているという感じだが、その友達からミーティングのファシリテーターを任されてたり、その団体のメンバーとも事前に信頼関係を作っていっているので、良い関係性で活動ができそうである。また、僕がコーチングをしたい対象にしていた人物からコーチングをしてくれないかということを頼まれた。僕としては、願ってもないことだが、その分プレッシャーは少しある。しかし、カーネギーさんの『道は開ける』で言っていたのは、未来のことに深刻になって仕方がないというものだった。これに関しては本当にそう思うので、今は保留しておこう。

 

そして、ある人事の方に言われた。「決断経験値」も溜まり始めている。自分の決断に責任を持ち、その結果を受け入れるというものだ。今回は、ある教授の講義に出る代わりに、本を読みバスケをした。その教授にはすごいお世話になっているし、顔出しはしようと最初は思ったのだが、そうではなく自分にできること、必要なことをしていた方が僕の成し遂げたいことにつながると思ったので、今回はそれを決断した。新しい情報を人から得るのもいいが、その情報の質は考えないといけない。今回は、本から新しいことを得たかったし、質の高いブログを書きたかったので、講義を聴講せずに自分の時間にあてた。そのあと、バスケをして健康にも気を使ったし、ストレスを発散した。

 

その後は、お世話になっている社会人の方の勉強会に参加した。今回はコミュニケーションというテーマであったが、学生向けに作っているのもあり新しい発見はあまりなかった。僕としての学びは、今まで暗黙知的に蓄積されてきた経験を理論的に落とし込めたところである。そこらへんは、人事の目線なので考えるということなので面白かった。

今日は本を読みながら寝たいと思う。

明日は、あるイベントに参加する。あまり学びは多くないと思うが、贔屓にしている後輩が多く参加しているので、楽しみである。

 

今日はこんな感じである。

まこる