読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日1日の区切りで生きる。

最近読んでいるカーネギーさんの本での一節で、「昨日と明日に壁をしろ、今日1日の区切りで生きよ。」というものがありました。

 

最近は、それを実践しようと奮闘しているのですが、なんだかんだブログが僕にとっての1日の区切りをしてくれる役割を担っています。

 

そんなこんなで、今日の予定をおさらいし、どのように全力で過ごすかを考えようと思う。

今日は、12時から16時まで本を読み、ブログを書き

17時から21時まであるイベントに参加する。

 

正直そんなもんだ。21時以降はまだ予定を立てていないのだが、ご飯を食べに行くか、まぁまたカフェに行ってもいいのかもしれない。読みたい本が溜まっている。

 

近いうちに読もうと思っている本は、

利己的な遺伝子

『道は開ける』

『話し方入門』

貧困の終焉

『国際開発学入門』

『幸せになる勇気』

『Zero to One』

かな。

これらの本は買ってもまだ読めていない本なので、今月中に消化していきたい。

今月で五冊くらいの本を読んでいるが、それらの本のうち立ち読みで読んでしまう本もあるので、もう少しあるのかもしれない。

ただ、知識としてインプットされているが、どの本から何を得たかを整理できていないので、人に紹介するときにどれを紹介していいか迷う時がある。

これからは、読んだ本リストを作り、まとめていきたい。

ここ最近では、孫正義の本、田中角栄について書いた『天才』、100年時代の生き方を書いた『LIFE SHIFT』、そしてコーチング関連の本を三冊ほど、また、久しぶりに『7つの習慣』、テクノロジー系の本で言えば、『シンギュラリティは近い』行動心理学を知りたくて、『奴隷のしつけ方』という本も読んだが、あまり面白くなかった。メタップスのCEOが書いた『未来に先回りする思考法』は面白かった。

あとは、小説として西尾維新の『業物語』そして、国際協力関係の『僕たちは世界を変えることはできない』『それでも運命にイエスという』と言う本も読んだ。

 

意外とここ2ヶ月で本を読んでいるので、何かしらの学びはあると思うが、それをいつかまとめていきたいと思う。

 

そんなこんなで、今日はインプットの1日にしていきたい。

まこる